概要

幼稚部(ELC)は、1歳から6歳(就学前)までのお子様を対象としています。私たちは、すべての子どもが人生の最高のスタートを切る権利があり、その可能性を実現するためのサポートを受けることができると考えています。幼少期の経験は子どもたちの将来の人生の可能性に重要な影響を与えます。私たちは、子どもたちが安心して楽しく学習できる環境を提供するために最善を尽くします。

 

教育理念

  • 子どもはみんながユニーク
    私たちは、子どもたちが生まれながらにして持っている資質を、すべて前向きに受け入れ、良い方向に導くことができると信じています。私たちは、子どもたちの発達、包容力、安全性と幸福に焦点をあてています。
  • ポジティブな人間関係
    子どもたちは、人とのポジティブな関係を通して、強く自立した人間になることを学びます。尊敬、子ども達の学習支援、保護者との協力を重視しています。
  • 充実したサポート環境
    子どもたちの発達と学習を伸ばしていく上で、環境はとても重要な役割を果たします。私たちの取り組みは、観察、評価、計画、個々のサポート、学習環境、移行、継続、多くの機関との連携など、より広い範囲におよびます。
  • 学習と発達の強化
    私たちは、子どもたちにはそれぞれの戦略と学習ペースがあること、学習と発達におけるすべての分野が等しく重要であり、互いに影響することを認識しています。

カリキュラム

バランスのとれたカリキュラムで、思いやりのある自立した国際的な人材を育成します。

江西インターナショナル・スクール幼稚部で実施されているカリキュラムは、初期の成長段階での子どもたちの育成を目的としています。さまざまな学習活動を通して、子どもたちが健康で自立した好奇心旺盛な人間になるために不可欠なスキルを身につけさせます。情緒的、社会的な健全は、将来の成功を確実にする重要な基盤です。子どもたちは、自分のニーズや意見を伝えることを奨励され、さまざまな状況で話すことができるように、多様なトピックを紹介されます。さらに、子どもたちが自分の周りの世界を探求し、つながりを持ち、発見する機会を提供することで、子どもたちは自らの教育において積極的な役割を果たします。これにより、子どもたちが学校生活を送る上で、学習上の課題を克服するための精神的な基盤や学習態度が育まれていきます。

 

国際バカロレアのPYPプログラムについての詳細はこちらをクリックしてください

Infant

ファンデーション1 1 歳)

子どもたちの成長速度はそれぞれ異なります。この年齢で学校生活に入る準備ができている子どもは、人との情緒的なつながりを築き始めます。社会的、情緒的、遊びを中心とした一貫した経験を通して、その後の人生に役立つ強固な基盤を築いていきます。

自己表現を促し、ルールなど自分に課せられた制限に対処することを学びます。これにより、自己解決力のテクニックを身につき、年齢が上がっても社会的な問題を解決する能力がつきます。指導言語は英語ですが、安全性を確保し、子どもたちの母語と指導言語の橋渡しとして、必要に応じて他の言語を取り入れています。

Toddler

ファンデーション22 歳

自分自身を知り、自分の気持ちや考えを相手に伝えることができるようになります。また、周りの世界をよりよく探索するための必要な運動能力も発達します。私たちは、そのために安全な空間を作りながら、探索的な環境を提供します。

また、ファンデーション1のスキルをベースに、自立心と社会性を育みます。 子供の成長速度はそれぞれ異なりますが、多くの子どもたちは他人に対する意識が十分に発達し、言葉でコミュニケーションが取れるようになります。私たちは、子どもたちのコミュニケーションを奨励し、先生や友達と話すための自己意識の発達を求めます。

Preschool

PYP 1

この年齢の子どもたちは、身体的にも社会的にも自立していきます。自信をもって探求し、自分の作ったものに誇りを持ち始め、他人の気持ちを察することができるようになります。多くの生徒は自分の持ち物に責任を持ち、教室内でお互いに助け合うことができるようになります。

Preschool では、PYPの最初のステップとしてIBの原則である学習者プロファイルを紹介していきます。学習は、遊び、センタータイム、歌、ストーリータイムを通して行われます。子どもたちが探求者としての自然な役割を果たし、自分の学習に責任を持てるようにします。

学習も大切ですが、この年齢での社会性の発達は、その後の人生での人との関わり方に影響します。このクラスでは、人との健全な関係を築く方法を学ぶことに力を入れ、尊敬、責任感、争いの解決などを学ぶことに重点を置いています。

Pre-K

PYP 2

この年齢の子どもたちは、長時間集中することができるようになり、より難しい指示に従うことができるようになります。社会性と情緒の発達により、子どもたちは自分の限界を試し、他人に対する意識を拡大し続けていきます。また、問題解決のスキルを身につけ、メタ認知を発達させるために、自分自身に責任を持つことに重点を置いています。

私たちは、探究心を持ち続け、自分の周りの世界をよりよく理解するために、できるだけ多くの質問をすることを奨励しています。遊びは目的を持って計画され、読み書き、算数、批判的思考、問題解決、その他多くのスキルの基礎となるコンセプトに基づいて行われます。

Kindergarten

PYP 3

Preschool とPre-Kでの学習をもとに、社会性と情緒の発達に重点を置いて、将来の学習の基礎となるスキルを身につけていきます。PYPの学際的なユニットを通して、リテラシー、算数、理科、社会、アートなどを学びます。ユニットは生徒の興味に応じて展開され、教師はより多くの自主性と生徒の選択を認めています。子どもたちが優れた能力を発揮し、特に読解力と算数の学力を伸ばすための機会がたくさんあります。これらのスキルは、実践的で楽しい学習活動を通して身につけていきます。このクラスでの期待は高く、準備ができている生徒には、カリキュラム・スタンダードの要件を超えたスキルを高めることが奨励されています。