Language Policy

At Abroad International School we believe language plays an essential role in all learning areas. We recognize that language development is an ongoing process. Students learn language, about language, through language and therefore, we acknowledge that all teachers are language teachers. Language is reinforced in multiple ways, including technically, practically, and as a medium of instruction. Language is the true transdisciplinary medium by which students and teachers make connections across the curriculum. Although English is the main language of instruction, systems are in place to encourage the support and development of all other languages used by students.

言語についての方針

アブロードインターナショナルスクール(以下AIS)では、すべての学習領域において言語は欠かすことの出来ない主要な役割を果たし、また言語の発達は継続的に行われると考えます。学習者は言語を生活の中で実際に使いながら、学習内容としての言語を学ぶため、私達は、全ての教師は言語教師であると考えます。言語は理論を通じて、実践を通じて、指導方法として、様々な異なる方法で強化されていきます。言語は、学習者と教師がカリキュラムの枠を超えて関わりを作ることのできる、真の意味で教科の枠を超えた手段であります。英語が主要な指導手段としての言語ではありますが、それに加えて学習者がその他の全ての言語を発達させることができるようにサポートをするための方法がとられています。

Assessment Policy

At Abroad International School written, taught and assessed curricula are interdependent. Assessment is an important tool to evaluate what students know and can do. Therefore, it is essential to determine when, how, and what to assess for planning, teaching, and learning.
Teachers use a wide range of strategies and tools to assess students learning and maximize their potential within their “zone of proximal development”.
Abroad International School promotes internationally minded students thus assessments are considered as an essential facet of guiding the learners through the five essential elements of learning: the understanding of concepts, the acquisition of knowledge, the mastering of skills, the development of attitudes, and the decision to take responsible action. Also, it is important for the whole school community to understand the importance of assessment, what is being assessed, and the criteria for success.
Assessment is used to screen the students’ progress, achievement, and effort. It is also utilized to adapt the curriculum, and differentiate planning accordingly.

評価についての方針

アブロードインターナショナルスクール(以下AIS)では、指導計画、授業内容、評価はすべて密接に関連しています。評価は、学習者が知っていることと出来ることを判断するための重要な方法です。したがって、指導計画を立て、教え、学ぶために、いつ、どのように、そして何を評価するかを決定することが不可欠です。
教師は、多様な手順と方法を使用して、学習者の学びを評価し、自らの「発達の最近接領域」において学習者の能力を最大限に引き出すことが出来るようにします。AISは、国際的な視野を持つ学習者を育てるという使命にしたがって、5つの基本要素(概念
の理解、知識の習得、スキルの習得、学習姿勢の発展、そして責任ある行動をとるための決定力)を通じた学びのために、正しい学びの評価は不可欠であると考えます。また、学校全体として評価の重要性を理解し、何を評価するのか、また評価基準を理解することが重要です。
評価は、学習者の学びの進行状況、達成度、および努力を判断するために使用されます。また、評価によってカリキュラムは判断、見直しされ、また評価に応じて指導計画に変更を加えられることがあります。