カリキュラム

概要

アブロードインターナショナルスクールの小学部は、自分に自信を持ち、自立して自ら学ぶことができる生徒に育てることを目的としています。私たちは生徒たちが自ら学んだことを説明する様々な機会を与えています。また、生徒たちが疑問に思ったことを質問することを推奨し、適切な質問と幅広い知識に裏付けされた解決を生み出せるよう指導しております。

小学部のプログラムは1年生から6年生までを2つのステージに分けて構成されています。

 

  • キーステージ1(KS1) 1年生、2年生
  • キーステージ2(KS2) 3年生、4年生、5年生、6年生

 

下記は1週間の学級別授業数です。

科目 1年生 2年生 3年生 4年生 5年生 6年生
英語 12 12 10 10 10 10
算数 5 5 5 5 5 5
社会 3 3 3 3 3 3
理科 2 2 3 3 3 3
国語 5 5 5 5 5 5
音楽 1 1 1 1 1 1
体育 3 3 2 2 2 2
美術 2 2 2 2 2 2
コンピューター 2 2 2 2 2 2
トルコ語 0 0 2 2 2 2
合計 35 35 35 35 35 35

ケンブリッジインターナショナル小学部プログラム

言語、算数、科学などの主要教科の教育のために、国際的に認知されている(CIPP)ケンブリッジインターナショナル小学部カリキュラムを採用しました。CIPPは数種類の要素となるフレームワークで構成されており、発達段階ごとの教育の目標を提示しています。

  • 教育の基礎CIPPは生徒の長所や短所を検証し、教育の目的、方法を明確にし、学びを支援することをとおして、中等教育の基礎を確立します。
  • 客観的評価基準CIPPは教師自身が教育を自覚し、子どもから目をそらさず、成長を測定する客観的な評価基準であり、その評価によって、保護者に分かりやすい報告ができるようになっています。
  • 国際的なカリキュラムCIPPは、国際社会の文化を適切・敏感に反映しています。教育し評価するためのあらゆる資源を活用し、子どもが学び教師が教えるのに最も適した教材・教具を提供しています。教育プログラムの作成は、教師が自作する教材、地域教材、国の教材、国際的に認知されている教材の使用も奨励しています。
  • CIPPは多様な教育方法、教育計画を用意することによって、非常に高度なレベルの教育を可能にしています。さらに、先生方の教育的要請に応じて自由に教育計画を立てたり、教育方法を工夫できるように配慮されています。

UKナショナルカリキュラム

UKナショナルカリキュラムでは、教える内容の多くが決められていますが、それ以上に生徒自らが目標を定めてそれを達成することに重きをおいています。生徒たちの行動の査定方法と報告方法についても定められています。
また、教師や生徒、保護者、スタッフ、その他幅広い人たちに向けて、生徒たちが学校で身につけるべき技術と知識を明確に提示しており、共通の知識として理解できるよう書かれています。これは教育に携わる者たちにとって、生徒たちを学びの過程でさらに成長できるようにするための骨組みとなっています。

このカリキュラムにより、教師が生徒たちに繰り返し教えることなく、身に付けた知識を確固たるものにすることが可能です。また、担当教師は年度末に生徒たちの学力レベル等の情報を次の教師に引き継ぐことができ、新しい学年の担当教師は各生徒に必要な情報を理解することができます。

評価基準

生徒の評価は日々の学習の中でも行われますが、もちろん公式のテストや小テストも評価の対象となります。しかし、テストは学習結果を見るためだけのものではなく、生徒たちにテストのやり方や戦略的に学習が進められるようにする教育でもあります。

3年生から6年生までは、さらに多様なテストや小テストを行い、その成長過程が評価されます。

国際的なカリキュラム

当校は地域に必要な知識を身に着けるため、地域社会のニーズに即したカリキュラムを使用しています。これにより生徒たちが国際的視野を持つことにつながると私たちは信じています。

Expand your horizons with Abroad!!

アブロード・インターナショナルスクールへのお問い合わせ・お申し込みは専用フォーム、

もしくはお近くの各校へどうぞ!