保護者の声

皆様のエールが自信の証し

私たちは自信を持ってお子さまに最適な学習環境をお約束します!
子どもの英会話に興味はあるけど、やっぱり不安もある、それは当然です。実際にお子さまを通わせている先輩ママたちの率直な意見を、そんな不安解消の参考にしてください。

Little by little growing by sensing a new and exciting experience

It is not easy to adapt to a new life in a completely different country and the support of a good school is essential in this process. My daughters found themselves very comfortable since day one in Abroad and little by little are growing by sensing a new and exciting experience – not to mention facing the challenge of communicating in a second language and learning a third one. We would like to thank the kind support of teachers and staff and know the school is open to hear our feedback as parents and to exchange ideas in order to improve even more the learning process with foreign kids.

海外生活と同じように毎日楽しい学校生活

アブロードへ娘達が通い出して半年になりました。赤ちゃんの頃から海外生活をして現地の幼稚園・小学校へ通っていたため、日本人とはいえ日本の生活も娘達にとっては初めてのことばかりでした。日本での新生活に慣れるまで時間はかかりましたが、アブロードは少人数制のため先生と子供達ひとりひとりの距離も近く、先生と保護者のコミュニケーションもとりやすく、生徒も国際色豊かなため、子供達も海外生活の時と同じように毎日楽しい学校生活を送ることができています。

英語だけでなく日本語の国語の授業もあり、子供達の日本語力も短期間で目に見えて上がりました。

先生もスタッフも子供も皆んな笑顔の絶えないAbroadが大好きです

今、小学一年生の長男がAbroadに入学するまでに何箇所か他にも体験しに行きましたが、どのスクールも泣いて嫌がった長男がAbroadに体験へ行った際には自ら進んで教室へ入って行き、笑顔でみんなと安心して遊んでいる姿を見、ここしかないと決めました。先生方がとても愛情深く笑顔で丁寧に子供達に接している姿を見て、2歳だった長男はそんなアットホームな暖かい雰囲気を感じとり安心したのだと思います。
英語の方はどうかと言うと、スクールに入ればNO Japaneseで英語一色です。だんだんと年を重ねるにつれ英語も上達し、友達や先生との会話も英語。YouTubeも映画も英語で観る。外出先でたまたま会った外国の方、公園でたまたま会った外国の子供とも英語で会話をする。海外旅行へ行った時には長男の英語で助けられたことも何度かあり、棒読みのテキストだけの英語ではなく、実際に生きた英会話をAbroadで学ばせていただいております。いつも、先生方は保護者の意見を真摯に受け止めてくださり改善できるところはしてくれます。子供たちの間でトラブルが起きた時には親が安心できるように誠心誠意対処してくださいました。今は日本の小学校に通っていますが、今も長男がアフタースクールとサタデースクールに、次男はtoddlerクラスに通っています。次男も先生方からたくさんの愛情を受けながら通っています。先生もスタッフも子供も皆んな笑顔の絶えないAbroad。大好きです。

英語力だけでなく堂々と自分の意見を言える自信がついた

4年前に日本語もままならぬ娘をインファントから入学させたことを懐かしく思います。登校するのに泣ける日もありましたが、娘は今年、キンダーガーテンになり、英語力がついただけでなく、日本ではあまりなじみのないShowAndTellのような授業があったおかげで、堂々と自分の意見を言える自信がついたように思います。
今年から、息子もインファントに入学し、娘のインファントやトドラーの時代はどうだったかな?と連絡ノートを読み返すと、家では味わえない体験を沢山させていただき、キラキラ生き生き楽しく過ごせていたなと思い出します。インファントからキンダーまで、どの学年の先生も楽しく優しく、個性豊かな先生ばかりでした。どの先生も、他人と比べるのではなく、本人の成長を認めて褒めてくださったり、娘の個性を理解し良い方向に導いてくださるなど、私にとってもよい勉強になりました。
英語の学習については、やはり、文法を習うより、普段の生活の中で、自然と言葉・表現を学ぶことが大事なのだと実感しています。現在、公文でも英語を学んでいますが、スクールで会話することで、自然と文法も身についていて、習う前からなんとなくできてしまうので、驚きます。今では、私にはまねできないきれいな発音で、娘が丁寧に私に教えてくれます。年々、校長先生をはじめ、先生方のお陰で、よりよいカリキュラムを学ばせて頂き感謝しております。
また、先生や授業内容以外に良かったこととしては、クラスの半数以上が外国人の子供だったので、自然と異文化体験ができたことでした。世界地図をみたり、国旗をみたり、友達の国の言葉を教わったり楽しそうです。
素晴らしい時間を過ごせ、沢山の友達もでき、これからもお付き合いが出来る方々に恵まれて幸せです。

多国籍多文化の中で育まれるグローバル視点の基礎

小学部が開校された際の一期生で小学一年生でアブロードに入学しました。息子は大人しく攻撃性が全くない性格で、日本の教育システムの中では辛い事が多くありました。
「安心感の中で育まれるものが 息子にはまだまだ  必要だ」と痛感し、その環境を探している中で出逢ったのがアブロード名古屋校でした。

見学した学校の中で最も温かく受容的な態度で迎えて下さり、息子も「ここがいい」とはっきり言った事を  今でも忘れません。

アブロードには多国籍多文化の子供達がいます。母国を持ち第2言語が英語の子供達の為のスクールである最大のメリットは、子ども同士が違いを受け入れあう空気が自然に存在している事でした。そこで育まれるものは、日本人には少し難しいグローバルな視点を持つ基礎であり、自分とは違う他者を理解し配慮する 基礎でした。

息子自身も  その深い受容の中で育んで貰えた事は大きな宝です。

私達が学校に求めたものの優先順位の上位は、人道的な環境であるかどうかでした。正直、英語環境である事にこだわりはありませんでした。息子は  ほぼ英語は話せない状態で小学校から入学し、多少不安もありましたが、英語環境である事が嫌になる事は一度もなく、語学も上手に伸ばしていただきました。

日本の中学校進学にあたり、試しに英検準2級を受験させてみましたが高得点であっさりクリア。実力は、ほぼ2級レベルの判定だったので在学中に英検2級にチャレンジする予定です。

英語の基礎もほとんど無かった息子に、成長に合わせ 学問としても十分伸ばしていただき感謝しています。

アブロードの小学部はひとクラスが少人数だからこそのメリットで授業も先生との距離が近く、小回りと融通が効く環境でした。困った事があってもその都度、校長先生や諸先生方に相談し解決し、安心して通う事が出来ました。

そして親の私から見ても、アブロードに通う子供達は皆 ピュアで個性的で魅力的でした。小学部全体が家族のようなアットホームさがあり、その  かけがえの無い環境で6年間学べた事はとても幸運な事だったと思っています。

ここで過ごした時間がきっと大きな財産になる

日本もついに国際化の方向に急速に進んできています。パソコンを開けば瞬時に世界とつながることができます。世界中から良い情報も悪い情報も入ってきます。今の子どもたちは、そんな社会を生きている中で我が子には、将来グローバル化に対応できる子になってほしい気持ちから、自然とインターナショナルスクールという特別な選択肢に目を向けていました。現在、息子と娘が通っているアブロードスクールでは毎日が英語・異文化を身近に感じる事ができます。日々英語を聞くことにより、英語を「習う」「暗記」というよりも「慣れ」によって自然と英語が身につくようになりました。

英語だけではありません。さまざまな世界交流の「場慣れ」にもつながっていて、子どもたちは、いろいろな方々と積極的に交流できるようになりました。アブロードスクールの日本のカリキュラムもしっかりしており、日本の文化に対する意識も高いと感じております。アブロードの先生方は、けっして叱ったりしません。自分自身の頭を使い考えさせる事から教えて導いてくださいます。先生方のご指導により、子どもたちはいつのまにか「自己をきちんと主張する」「自己の行動に責任を持つ」ことを身につけていっています。また、生徒の成果や長所を細かく褒めてくださるので、子どもたちはミスをおそれず、安心して学び、成長していると感じます。温かいご指導とすばらしい教育カリキュラムのおかげで、子どもたちは新しい世界が開けました。子どもたちが大人になったときに、ここで過ごした時間がきっと大きな財産になると私は信じています。

英語だけでなく、積極性や意見をはっきり言う姿勢が身につきました

将来、国際的な視野をもった人間になってほしい。プリスクールでの学びは、将来の選択の幅を広げることになると思い入園しました。
1歳半から通園し、4歳になった今では幼児期から英語環境で学ぶことを通じて、物事に積極的に取り組む姿勢が身につき、また国際人として必要なアピールする文化が自然に身について自分の意見を言えるようになってきたと感じています。
英語を普通に聞き取り、話す力は日本語と同じように自然についてきているようで、今では家庭においても楽しそうに英語で話し歌う日々で、子供の成長に驚かされています。
アブロードインターナショナルスクールのカリキュラムはまさに国際色豊かで、年間イベントも多くあり、子供の成長を親身になってくださっている担任の先生とのコミュニケーションで親も学ぶことが多くあり、親子共々スクールライフを満喫しています。

親も子も楽しめるスクール。親切な子育てのサポートに感謝してます

私自身、留学の経験もあり、成人してからでしたので、とにかく英語の発音が難しく、また聞き取りが大変でした。なので子供には小さい時から無理なく楽しく英語を身につけてほしいという点からアブロードインターナショナルスクールに通わせるようにしました。
入学させたときは息子も少し戸惑いもあった様子でしたが、日に日に先生の言っていることの意味が理解できるようになり、子供自身、自信と勇気も付いた様子で何にでも積極的に取り組む明るい元気な子になったような気がします。
今では、スクールでは英語、家では日本語、と使い分けるほどになりました。
またスクールの内容にも満足しています。無理のない程度に、また子供が楽しいと感じられるように、歌やダンスの時間、小麦粉と食紅など環境にやさしいものを使った粘土で工作したり、また時には、簡単なクッキングをしたり、外へ出かけて街並みや季節、交通ルールなど生活に必要なもの、感性を高めるようなものも教えていただけるのでとてもうれしく思います。最近では、息子が交通ルールを私に英語で教えてくれたりもします。そんなときに、息子の成長を感じることができます。
また、月に一度あるワールドカルチャーデイでは、様々な国の文化や言葉に触れることができ、世界には色々な言葉を話す人、異文化の人がいるということを学び、息子も広い目と心を養うことができそうな気がします。以前、モロッコの時間の時にミントティーを飲んだらしく、家に帰ってきてモロッコのことをいろいろと教えてくれました。
そして、いつも感謝しているのですが、インターナショナルスクールなので英語はもちろんなのですが、保育の部分です。いくら英語が話せても、心の成長がなければいけないと思います。アブロードインターナショナルスクールでは、子供の生活面でも先生方が本当に親切にサポートをしてくれて、私自身が子育てに悩んでいると、先生方が親身になって相談にのってくださり、息子のことをまるで自分の子供のように思ってくれるので本当にいつも感謝しています。スクール、保護者が協力して様々なイベントを催したりと楽しいこともたくさんで、親も子も楽しめるスクールだと思います。
とても気さくで親切でアットホームで心が温かくなるようなスクールに息子を通わせることができてよかったです。また、めぐり会えてよかったです。どうぞこれからも親子で楽しめる素敵なスクールであってほしいです。

全ての条件を満たしたのがアブロード・インターナショナルスクールでした

私が娘のスクールを選定する際に気にした事は、(1)娘(当時3歳)が、事故や怪我等の起こりにくい環境である事、(2)ネイティブな発音が身に付くネイティブスピーカーの先生である事、(3)語学はもちろん、独創性を大事にし、自己発表の場を設け、園外での国際交流(英語を使える場所)の参加が可能で、遠足等のあるスクールプログラムである事、(4)個々の経済状態にあった通園制度がある事でした。名古屋にある幾つかのスクールを拝見しましたが、全ての条件が合致したのはアブロードスクールのみでした。また、アブロードスクールは個人経営ではなく、東京や大阪にも学校を開設している企業の為、トラブル時の安心感や園児教育のノウハウがあると感じています。その反面、校長先生の人柄がよく、相談事や要望事項にも耳を傾けてくれる姿勢は、アットホーム的で企業経営とは思えない程の自由度も有り大変気に入っています。娘が入園してから約二年になりますが、今ではTV,DVD等は英語で鑑賞し、独り言や姉妹の会話は英語が自然と出る様になって来ており、この学校を選んだ事をとても喜んでいます。

Abroad helped us in our adaptation to Japan life!

I came in Japan with a French little girl who could understand English a little. I’m very happy that I had found Abroad School because it helped both of us in our adaptation to Japan life. Now, after only 4 month, my girl can speak in English and understand it quite well. She found new friends and I did too. Abroad school is a place where children can learn a lot while enjoying themselves. With songs, games, and happiness, they are taking good care of them.

アブロードからの帰りの車中、入浴中はもっぱら英会話!

子供の将来を考え、日本語と同じように英語にも慣れて欲しいと思い、インターナショナルスクールに通わせることに決めました。通園するにつれ、英語のセンテンスが長くなり、自発的に英語を伴うようになりました。発音の良さにも目を見張るものがあります。我が家では、子供が話しかけてきた言語で会話をするように心がけていますが、最近では帰りの車中、入浴中はもっぱら英会話となっております。また、アブロードに通うようになってから、自分よりも小さな子の世話も進んでするようになってきました。英語力はもちろん、思いやりの心も育ち、アブロードに通わせて本当に良かったと思います。

愛情を持って接してくれる先生の気持ちが子供達に伝わり、
スクールのみんながファミリーのよう

入園当時、息子は2歳。クラスで一番年下でした。英語は喋れませんでした。他の園児と比べると集中力も短く、出来る事も限られていました。英語が勉強にならないようにと、親の願望で入園させたものの、彼の年齢や性格を考えて、普通の幼稚園に入れたほうが良いのではないかと、悩んでいました。親がネガティブになっているとき、先生方は子供のマイナス面ばかりを見るのではなく、良いところ、できるところを積極的に見つけ、ほめて、のばすことを根気よくしてくれました。一年が過ぎ、彼は寝言で英語を話すようになりました。彼の生活の中に英語が定着しているのだと実感しました。先生方の指導により、今では英語での園生活をとても楽しんでいます。
どの先生も子供に対して愛情をもって接してくれます。その気持ちが子供達にもよく伝わっています。このスクールには、新しく入ってきた年下の子を年上の子が面倒をみるという風習があります。先生に言われてやるのではありません。自分が入園した時に、年上の子に優しく面倒をみられたことを自然と下の子にするのです。一人っ子が多い今、スクールのみんながファミリーのような存在です。スクールには様々な国の先生やゲストが訪れ異文化をおしえてくれます。子供達の世界観が広がるよい授業があります。(私が受けたいぐらいです!)担任のデビ先生の授業は理科やクッキングなど英語以外にも興味深いものばかりです!!一人一人のキャラクターにあわせた愛情あふれた指導で、保護者の方からも信頼のあつい先生です。

通い始めて一年も経たずに児童英検で97%をとれました!

通い始めて一年も経たないぐらいで児童英検のBRONZEテストで97%をとることができました。先生のきめ細やかなカリキュラムのもと、毎日長い時間英語のシャワーをあびている状態で、日々確実にヒアリングや会話力が身についてきている様子がわかりました。英会話の発音も驚くほどきれいです。アブロードに通うことができ、良い先生方、環境の中で学べてとても充実した日々を過ごしています。
生徒個人の性格を尊重し、いろいろな面において伸ばしていってくれる、とても素晴らしい先生です。親子で先生を尊敬しております。学校の雰囲気はとても明るくアットホームな感じで、先生、スタッフの方々を含め大好きです。